草井野明日子

トップページでも
話したんだけど、
もう少し、
くわしい「黒ずみの原因」
ついて書かせたわ。。

何ごとも
そうだけど、
「原因」と「対策」を
しっかり押さえておくことは、
重要なこと。

しっかりと読みなさい。

黒ずみの根源!メラニンとは?

トップページでも、
デリケートゾーンの黒ずみの
根本的な原因は、

■メラニン色素

だと説明しました。

メラニン色素は、紫外線などの
刺激を体が感じると、
情報伝達物質が
肌の基底層にあるメラノサイトという
物質
に働きかけ、
発生するという仕組みです。

あまり、いい印象では
ないのかもしれないのですが、
「肌のピンチ」を救ってくれる
役割
なんですね。。

メラニン色素が生成されるのは、
「紫外線」の刺激がメインになってくるの
ですが、
それ以外の刺激でも、発生します。

これが、いわゆる
デリケートゾーンの黒ずみ
になるワケです。

デリケートゾーンが
日光に当たる機会はマレだと
思いますので、
他の刺激によって、
肌を黒くしてしまっている
というのが
まずもっての原因です。

デリケートゾーンの皮膚の状態

。。というのも、
デリケートゾーンの皮膚というのは
他の体の部位よりも「薄い」層
なっています。

なので、いろんな刺激に
「弱い」
形になるんですね。。

しかも、メラニン色素が
とても発生しやすい部位でも
ありますので、
摩擦や汚れなどの原因でも
「黒ずみ」が起こってしまうんです。。

悪条件を加速する!原因の一覧

それでは、
デリケートゾーンの黒ずみを
加速してしまう
原因について、
ひとつひとつ見ていきましょう。。

自己処理による除毛

カミソリや毛抜き。。

自己処理でアンダーヘアの
除毛をしている人は、
恐らく気付いているとは
思いますが、

デリケートゾーンに
ダメージを与えています!

剃った後に
ヒリヒリする。。

なんて、刺激以外の
何モノでもないですよね。。

脱毛エステによる脱毛

では、脱毛エステに行けば
いいのでしょうか?

しかし、脱毛エステも
「光脱毛」がメインですので、
メラニン色素の大好物
「光」を浴びせてしまう
コトに
なります。

医療レーザー脱毛など、
他の脱毛方法でも、
いくらかのダメージや刺激を
デリケートゾーンに与えてしまうのは
理解できると思います。

尿・汗など

デリケートゾーンに溜まってしまった
尿や汗なども刺激になってしまいます。

顔やデコルテのように
こまめに拭き取ったりが
できにくい部分
なので、
ある程度の期間、放置してしまうのは
仕方ないコトになります。

経血・おりものの刺激

さらに、経血やおりものが
ある場合はなおさら
デリケートゾーンに
刺激を与えてしまいます。

これは仕方がないことなのですが、
やっぱり ある程度は
放置せざるを得ませんね。。

下着の摩擦

下着が肌に擦れることが
刺激になります。

これはビキニラインの
黒ずみで
けっこう多い原因となります。

同じ部分を
何度もこすってしまうので、
その部分が黒ずみに
なってしまいます。

下着の圧迫

ボディラインを気にして
キツすぎる下着やボトムスを
はいていませんか?

下着によって圧迫された
デリケートゾーンは
やっぱり刺激になって
黒ずみの原因になります。

ホルモンバランスの乱れ

ここからは、
一度なってしまった黒ずみが
排出される「ターンオーバー」
関わってきます。

日焼けしても、
いつの間にか元に戻るように
メラニン色素も
ターンオーバーによって
体外に排出されます。

でも、
ホルモンバランスが乱れてしまうと
このターンオーバーの働きに
異常が出てしまいます。

そうなると、いつまで経っても
黒ずみが排出されない状態
になってしまうコトになります。

加齢によるターンオーバーの遅れ

同じく、年齢を重ねてしまうと
ターンオーバーは自然と
遅くなっていきます。

なので、若い人より
黒ずみが消えにくくなる。。
といった現象が起こります。




。。ざっくりとですが、
このような原因があります。

黒ずみを解消!対策の方法とは?

原因は分かりました。

では、どのように
対策していけばいいのでしょうか?

清潔を保つ

まずは、なるべくですが、
清潔を保つ、
これが対策として
一番
になります。

上に挙げた
刺激物が付着した状態を
なるべく長時間
そのままにしないで
こまめに取り去ってあげるコトが
大事です。

肌を健やかに保つ

考えてみると
分かると思いますが、

  • 「肌荒れしている」状態
  • 「肌が健やかな」状態

では、どちらが
付着物の刺激を多く受けるでしょうか?

もちろん、
「肌荒れした状態」ですね。。

よく、
「キレイに洗わないといけない」
と言われて、
ゴシゴシとデリケートゾーンを
洗ってしまう人がいます。

でも、思い出して下さい!

デリケートゾーンの肌は
薄く、刺激を受けやすいんでしたね。。

つまり、
「キツく洗ってしまう」と
肌が荒れた状態になってしまい、
より刺激を受けやすい状態に

なってしまいます。

清潔にすることは大事ですが、
保湿などにも気を使い、
健やかな肌を保つコトも
同じように大事になります。

正しい下着を選ぶ

摩擦などが起こりにくく、
ジャストサイズの下着を
はくこと

黒ずみ対策には大切です。

シルク素材がいいのですが、
高価なので、
値段と相談して、
選択しましょう。

専用クリームの使用

今までの「対策」では、

■黒ずみの再発はしにくい
 状況を作るコトはできるけど、
 なってしまっている黒ずみには
 即効性がない

という状態です。

しかも、「清潔にしなくてはならない」
けど、「洗いすぎもよくない」
って、難しいですね。。

これらの問題を一気に
解決できるのが、

■デリケートゾーンの黒ずみ
 専用のクリーム

です。

ニッチなこの手の商品で
秘かに知名度が高いのが

▼イビサクリーム

になります。

それ専用で作られていますので
低刺激で、安全な成分のみ
使用しています。

なので、安心して
使うことができます。

「健やかな肌」にするコトに
プラスして、
有効成分が出来てしまった
黒ずみにも直接 働きかけます
ので、
高い効果が期待できます。

(とは言え、
 個人差はありますが。。)

さらに、
効果が感じられなかった人には
60日間の返金保証
も付いていますので、
デリケートゾーンの黒ずみに
悩んでいるなら、
試してみない手はないと言えるでしょう。

黒ずみの原因や解消法についても
かなり詳しい情報が載ってますので、
公式ページをチェックしてみて下さい。

イビサクリームで黒ずみが治る?>>


ページの先頭へ